Bitter Honey Diary

青山ベルコモンズとなんとなく、クリスタルな時代

f0189246_6341736.jpg

昨日、Yahoo!ニュースをチェックしたら
青山ベルコモンズ閉館との記事が005.gif
数年前に久々に訪れた時に
かなりサビれた感じを受けましたが。。
ベルコモンズで真っ先に思い浮かんだのが
田中康夫の
なんとなく、クリスタル。
今、手元に本があるワケでないのですが
なんとなく、クリスタルの本の
一番最初にモノクロの田中康夫の写真があり
その撮影場所が青山ベルコモンズでした。
なぜそこまで鮮明に覚えているのか?
というと青山ベルコモンズという場所に
相当な憧れがあったのだと思います。

Wikipediaで検索したところ、
なんとなく、クリスタルが発表されたのは
1980年だから私は14歳の中学生、
それで
なんとなく、クリスタルは
かなり背伸びしてました〜(≧∇≦)

でも、当時うちには父が連載持っていたり、
しょっちゅうインタビュー受けていたり
したため、
POPEYEやJJは毎号送られて来ていたので
必ず読んでいたし、そんな流れで
なんとなく、クリスタルに出て来た
ブランドなんかも少なからず
知っていたので
中学生といえど、あまり違和感なく
なんとなく、クリスタルを読んだ記憶があります。

で、その田中康夫の写真も
どんな写真だったかも覚えているし、
当時の私には青山ベルコモンズは
キラキラと輝くステキな大人の世界でした✨
ちなみに、
なんとなく、クリスタルは歌にもなり、
柴田恭兵が歌っていました060.gif
f0189246_6341812.jpg

そしてこのJJの中記事。
当時、六本木の夜の帝王?!
として君臨していた頃の父。。
爽やかな笑顔ですね〜^_^;
よく、父の事を羨ましい!という方が
いらっしゃいますが、
良い子の皆さんは決して真似をしてはいけません。
父はたまたま、家族に恵まれたから
今も安泰なだけです(。-_-。)

話は飛びましたが(^_^;)
このJJは1979年、
まさになんとなく、クリスタルな時代です。

当時は今みたいに情報誌や
ファッション誌も数多くあったワケではないし、
もちろんネットもない時代だから
POPEYEやJJがホントに
ファッションや流行のバイブルでした。
f0189246_6341953.jpg

そして中学生だった私のバイブルは
mc sister!
mcはメンズクラブの略。
sisterでは村上里佳子や今井美樹も
モデルをしていましたが、
私が大好き016.gifだったのは
吉田光希ちゃん!
可愛かった〜〜053.gif
光希と書いて、みきで
名前も私と一緒だし、
sisterで光希ちゃんの特集記事があった時には
超嬉しく、今でも
光希ちゃんが新宿の出身なんていう事まで覚えています(笑)

sisterに出ている洋服が欲しくて、
よくおばあちゃんに付き合ってもらって
買い物へ行ったな、、

Do!Familyのオーバーオールも持ってたし、
銀座のファミリアもよく行った覚えが。

JJの表紙モデルのマリークラビンさんも
吉田光希ちゃんも
今、どうしているのでしょうか…

なんとなく、クリスタルは
バブルの前のそんな
何かに期待をこめて煌めいていた時代を
ホントによく表していたな、
と今さらながら。

sisterも今はなくなってしまったし、
ベルコモンズも閉館で
私のあの頃の憧れと共に
一つの時代が終わったな〜、
と感慨に耽った初冬の一日でありました。
[PR]
by konamanamama | 2013-12-05 05:48 | Comments(0)
<< 新年、絶対、良い年にするプロジ... ほぼ日手帳12冊目 >>