Bitter Honey Diary

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

読書のすすめ*その1

f0189246_9431762.jpg

今月は、ちょっとひと呼吸月間で
本も沢山?読んでます。
久しぶりに、
「あ〜、いい本に出会えた!!」
って感じた本001.gif
マナ男子の聞き間違い、矢野貴章じゃなくて
直木賞、受賞作(と言ってもちょっと前ですが)
小さいおうち、とても感動しました〜。
なんとも品の良い文体に
やはり品の良いご家族、
昭和の始まりの頃の日本のお話は
あまり読んだことがないのですが
情景が目に浮かぶようで。
美しい本でした053.gif
f0189246_943175.jpg

夏は、普段から、
私にとっては読書Timeな季節。
東京で日常生活の日々では、
読みたい!って思っても、
もはや読書の時間が入るスペースはなく
(たまに歯磨きすら入らない)007.gif
夏に実家へお邪魔させていただくと
時間にも気持ちにもゆとりが出来て。
千葉へ行く電車もわざと各駅停車に乗ると
さらに読書Timeが確保出来るし006.gif
そして、
夏になると思い出す本もあります。
子どもの頃は夏といえばやっぱり冒険もの、
女子なのに好きでした〜。
15少年漂流記から、
ロビンソンクルーソーから
そして大人になってから
“蠅の王”、この本は今年観た映画
世界にひとつのプレイブックの中でも
登場してましたが、
よくアメリカでは学校の授業にも使われているようです。
お読みになった方はおわかりになると思いますが、
かなり、エグイです。
でも、色んな事を考えさせられます。
人間のどうしても抗えない性質、みたいな。
映画にもなったようで、
映画も観てみたい001.gif
あとは私の夏の本と言えば、
冒険ものでないけど
“海と毒薬”“照柿”など、、
本も映画と同じで、一度読み始めたり
観出したりすると関連で色んなものが
読みたくなったり観たくなったり。
まだまだ、読みたい本があるある。
とりあえず、
今一番読みたいのは林真理子氏の
“野心のすすめ”かな?!
f0189246_9431894.jpg

さて、
また今年も、
頭の痛い夏休みの宿題ベスト3に入る
読書感想文033.gif
夏休みに入って、
マナ男子と一緒に本屋さんへ行ったら
選んだのがこれです、、
てか、
今まで、彼が読んだまとも?な本、
長友祐都の本しか思い浮かばないんですがっっ015.gif
まあ、読まないよりはいいでしょう。。


以下、ほぼ日手帳より。


読書感想文ってね、
「その本をきっかけにした、あなたの自己紹介」なんですよ。
文章量のほとんどは、自分のことを書いていいんです。
その本を読んだあなたの、ビフォア・アフターを書く。
できれば、読んでいる途中の、きもちの変化があるといいですよね。


な〜るほど〜045.gif
な〜んて思っていたら

「オレのクラスの友達、去年の読書感想文を
新しい原稿用紙に書き直して出そう、って言ってた〜、
いい考え、オレもそうしようかな〜?!」

ぬわに〜〜〜〜〜〜031.gif047.gif

とにかく、、
長友でも中村でも、
早めに宿題、お願いします056.gif
[PR]
by konamanamama | 2013-07-29 09:42 | Comments(0)

ママのお仕事*続き

f0189246_923915.jpg

一時期は、
宅急便仕分け作業の場を行き来するフォークリフトを
操縦出来たらかっこいい!
と思ってフォークリフトの免許をとろうか?
とか思ったり社員の方から
「のざわさんもそろそろ制服?」
と言われたりしましたが、
肉体労働plus家に戻ってからの家事で
ボロ雑巾のようになり008.gif
全身筋肉痛及び腰痛で
腰サポートベルトを購入したり
整体へ通ったりで出費もバカにならないし、
色々勉強をさせていただいた宅急便お仕事は終了。
その後は、幸いに
知人に紹介していただいた短期のお仕事や
夏には弟のジュンちゃんショップのお手伝いをしたり、
でなんだかんだやってましたが
今年に入ってはフルタイム勤務となり、
またそこでも仕事と家事の両立という壁に
ブチ当たったのであります。。
そしてこれからの自分の生き方、
仕事を巡り本を読んだり、、
f0189246_924071.jpg

そんな中、Facebookでこんな記事を見つけました。
全部の記事を読んだ訳ではないですが、
専業主婦キャリア13年の私の感想では
専業主婦だってラクではないです。
完璧であって当たり前、だと思われるし逃げ場がない。
以前にもブログで書いたかも?ですが
知り合いママが体調を崩して倒れた時に
自分の両親も遠くに住んでいて頼れる人もなく
子どもの幼稚園の送迎から
家事から全部業者に委託したら
驚くような請求書が来て、
自分はいつもお金に換算したらこれだけの
労働をしているんだ、と思ったと言ってました。

男の人は仕事してる、結果出した、
そしてそれを人に賞賛されたりするけれど
そんな風に仕事が出来ているのは
家をしっかり守ってくれている人がいるから。
家族が気持ち良く眠れるようにシーツを洗ったり
毎回季節の変わり目には衣替えして
梅雨の前には家中に湿気とりやゴキブリ団子を仕掛けて。
子どもが具合悪くなれば、
どんなに待ち時間が長くても
病院の待合室で待ち、
入院となれば自分も一緒に一週間、
病院に寝泊まりして、、
そして私もフルタイムで働くようになり、
家の事がなかなか思うように出来なくなると
水回りはすぐにヌルヌルして来るし、
たたむ余裕がない洗濯物はうずたかく積もって
その日着る分をその中から発掘したり。
「家事は手抜きしなきゃ〜」
って言われて手抜きをしても、
結局他にやる人がいないから自分の仕事が
たまってくるだけで。
しかも性格的に、どうにも
散らかっている部屋を見るとイライラして仕方ない031.gif
そしてヨレヨレの状態で仕事を終わって
家に着き、町内会の回覧板が置いてあるのを見ると
ヒャ〜〜と慌ててサインして次に回したり、、
そう、女の人の仕事は
会社の仕事や人間関係だけでなく、
町内会、ご近所付き合い、
幼稚園、小学校のPTA、、

「子どもがいてももっと遅くまで仕事して
もっと大変な人もいる」
って意見もあるでしょうが、
人間それぞれ、
抱えられるキャパって違うと思う。

大して経験がある訳ではないし、
偉そうな事は言えないけど、
これからは自分のやりたい事、
出来る事、
というのをちょっとゆっくり考えたい。

もし、元気だったら、
あと20年以上は働けることを考えると、
やっぱり“好き”な事でないと
持続して行く事は難しいと思う。

私の仕事は外で働く事だけでなく、
家のこと、
子育て、自分含め子どもの体調管理→これはホントに大事です、
地域や学校との円滑?なお付き合い、、

どれも完璧を目指すと息切れしてしまうから、
手抜きは性格的に難しいのだったら
息抜きはしつつ、
自分も楽しめるような生き方をしたい。

今までの経験も、
何一つ無駄な事はないと思うし、
色んなところでお知り合いになれた方々は
自分の財産だと思ってます016.gif

自分自身では意識してないですが
「みきちゃんが明るく元気でいてくれることが
自分の励まし」
とか
「これかれも自分らしく輝いてね」
とか言われると
そうなんだ〜〜、だったらやっぱり、
明るく元気な自分でいないとな〜〜って思うので045.gif

今年前半は、
人生においての色んな意味での修行の場でありました
(それも自分で選んでやっているので)が、
後半は、
ちょっとだけリラックスして
前進して行きたい!ものです049.gif
[PR]
by konamanamama | 2013-07-25 09:01 | Comments(0)

ママのお仕事

f0189246_13205349.jpg

久しぶりにお友達から
「最近、ブログが更新されなくて寂しいです。。」
とのメールをいただきました。

は〜〜、今年に入って、
前半6ヶ月はまさに怒濤の日々でした。
今は、とても、詳しくは書けないし
いつか時が経った時に振り返れる日が来るかも、、
ですが。

とにかく色んな事がありましたが、
私も働かなければいけない状況になり
お仕事を本格的に始めた訳で。

そんな中、お誕生日に男子から指輪をいただきました。
自分のお小遣いでこっそり買っておいてくれたもので、
わかりずらいけど中にスーツを着た人がいます。
「ママがお仕事を始めたから、この指輪がいいと思って」
と。
他にも、色んなバージョンの方が入っている指輪が
あったらしいですが、男子はこれを選んでくれました。


そして話は3年前にさかのぼり、、

いよいよ、下の男子も小学校へ上がり、
そろそろ私も社会復帰をしないと!と一念発起031.gif
一学期がそろそろ終わりそうな夏休み前に
駅へ行けば無料のアルバイト募集雑誌を集め、
たまには本屋さんで有料のアルバイト情報誌も購入、
『これは良さそうだ!』
というものに片っ端から履歴書を手裏剣のように送り
[まずはお電話下さい]と書いてあったところには
電話をして、、
そこでバタッと出くわしたのが“現実”

とにかく、片っ端から送ったり連絡したけど、
片っ端からダメだった054.gif007.gif

履歴書は送り返されてしかもご丁寧に
『貴殿の今後のご活躍を心からお祈り致します』
って手紙付き031.gif
電話をすれば
「あ〜〜、申し訳ないんですけど〜〜、
今回の募集は30代までなんすよ〜〜」
とチャラそうなお兄ちゃんに言われたり。

発見した。
40過ぎたら自分のつきたい仕事になんかつけない。

しかも専業主婦生活13年。。
資格もない。。

なんとか面接までこぎつけても、
その場でパソコンのスキルのテストとか、
周りは私より若いパソコン世代、
キーボードを連打してるし
もう到底ムリ。。

かろうじて脈がありそうだったのは
お蕎麦屋さんでしたが、
条件が
・髪を黒く染めること
・大晦日は必ず出勤すること
髪はどうでもいいですが、
大晦日はちょっと、、
なんて思っていたら1社から連絡があり
「明後日から来てもらえますか?」
その時は、本当に本当に嬉しかった003.gif
もうその頃には、
自分は何も出来ないんじゃないか??って思ってたから、
私でも働けるところがあるんだ!!と。

なんの仕事?
某宅急便の仕分けの仕事でした。
とりあえず、夏休みなんで、
子ども達は実家で見てもらえる事になっていたから
短期1ヶ月のバイト(結局、半年間働きましたが)
という事で。
初日に行ったら、説明を聞いて
作業靴とヘルメットを購入、、てか、
私の仕事場はメール便と聞いていたのに、
なんで作業靴とかヘルメット必要??
と思っていたら
「午後からはクール宅急便のお手伝いに行ってもらいます」
え〜〜〜!!

何が何やらわからないけど、
とにかく放り込まれたらやるしかないし、
目の前に荷物が流れて来たらピックアップして積むしかない。

お仕事開始が8月、
朝7時から午後3時までのシフトだったから
朝5時50分には家を出て
7時仕事スタートで、
10分後にはお化粧全部落ちてる。
何しろ、職場はトラックが入って来れるように、
片側は全部開放でエアコンがない(後から入りましたが)。
私、真剣に思うのですが、
ホントに痩せたいならこのお仕事は絶対オススメです。
高いお金を払ってジムに通うより、
お給料をいただいて痩せられる。
私は働き出して1週間で2キロ体重落ちて、
1ヶ月後には体内年齢19歳、
しかも行きつけの整体へ行ったら先生に
「なんか特別のトレーニングしたんですか?
すごい理想的に背筋がついてますよ〜〜」
転んでもただでは起きない(笑)。

さすがに仕事が終わると、
口も聞けないくらい疲れて
バタンキューでしたが、でも
カラダだけの疲れは寝ればとれるし、
精神的な疲れはないからある意味健康的。

何より、長年、専業主婦をやっていて、
どんなに家をキレイにしていても、
ご飯を作っても、当たり前だと思われて
感謝の言葉もない日々から
一日仕事が終わると
「おつかれさまでした〜」
とか
「ありがとうございました」
とか言われると、
本当に自分が役に立っている気がして
嬉しかったのでした016.gif

ふと、夏になり、
3年前のそんな日々を思い出しました。

そこでのお仕事をさせていただいた中で、
こうして働いている人がいるから
荷物がきちんと届くんだ、
とか思うようになり、以来、
宅急便の方が荷物を届けてくれると
以前にも増して「ありがとうございました!」
と大きい声で言ってしまうのでありました001.gif


続く。。
[PR]
by konamanamama | 2013-07-24 14:25 | Comments(0)